【最新】アラフォー女性の婚活アプリ徹底解説!

子連れ再婚の成功の秘訣は完璧を求めないこと!器の大きな男はそうそういない!

子連れ再婚の成功の秘訣についてまとめました。

この記事は

  • 子連れ再婚を考えている人
  • いずれかは子連れ再婚したい人
  • 子連れ再婚ってうまくいくのか不安な人

に向けての記事です。


実は、子連れ再婚って成功させる秘訣があるんです。
この「秘訣」にもっと早く気づけていたら、わたしはあんなどん底を這うような生活をしなくて済んだのになと思っています。

 

でも、この「子連れ再婚の成功の秘訣」に気づき、それをしっかりと身に着けたことによって、ようやく人生に光が差し始めました。大げさですね。すみません。

でも、本当なんです。

この記事を読むことで、「子連れ再婚の成功の秘訣」を知って、幸せな家庭をもう一度作る近道をたどることができます。

じゅり

やっぱり結婚生活が上手くいってるか・そうでないかによって、幸福度は大きく変わります




子連れ再婚 成功の秘訣は◯◯を求めないこと

子連れ再婚の成功の秘訣は、完璧を求めないこと

子連れ再婚の成功は完璧を求めないこと。

これは、自分に対しても、再婚する相手に対してもそうです。
完璧を求めない。完璧である必要はないんです。

特に、相手に完璧を求めてはいけません。

子連れ再婚の一番の悩みって、自分の子供が再婚相手の男性(夫)になつくかどうか。
親子関係がうまくいくか、
という問題でしょう。

この記事を読んでいるあなたも、この悩みがネックでいまいち再婚に踏み出せていないのでは?

わたしもそうでした。

そして、一度結婚に失敗しているからか、再婚して失敗したくないと考えるばかりに、とにかく完璧を求めていました。自分にも再婚相手にも。

そんな器の広い男はそうそういない


あなたに子供がいて、その子供を連れて再婚するとなると、その子供と再婚相手の関係が上手くいくかどうかが気になるところ。

相手の男性には、以下のように願う人も多いかもしれません。

「連れ子のためならなんでもできるか?」
「自分と血が繋がってる子供と連れ子を分け隔てなく可愛がれるか?」

再婚する男性に対しては、この質問に対して100%で「イエス」だと答えて欲しいと願うでしょう。

でもわたしは今はそうは思っていません。

確かに、この質問に100%で「イエス」と答えようと努力するキモチや覚悟は再婚相手に持ち合わせておいて欲しい。
でも、実際そんな理想的な男性なんて世の中そうそういません。

じゃ、あなたの子供と再婚相手(夫)とはどういう関係性を築けばいいのか?

 

その答えもまた、「完璧を求めない」ことです。

血が繋がっていなくても同じ時間と空間を共有すればするほど、お互いに情は出てきます。
あなたの子供の年齢がある程度モノゴゴロ付いている年頃であれば尚更、徐々に「家族っぽく」なれるように。
ゆっくりと距離を縮めていくしかありません。

 

もしあなたが、これから再婚相手を探そうとしているのであれば、

ゆっくりとあなたとの距離を縮めていく努力をしてくれそうな人を選ぶべきですね。
それ以外のことを相手に求めてはいけません。

管理人

最初から、完璧な家族になれるはずはありません。
最初から、完璧なお父さんになれる器がある男性はそうそういません…

なのにわたしは相手に対してたくさんのことを願ってしまっていました。




子連れ再婚は肩の力を抜く

わたしは、バツイチで子連れ再婚して、その時思ったのはこうでした。

管理人

「もう絶対離婚はしたくない。」
「次こそは、結婚生活うまくいかせよう」

なんて考えて、とても肩に力が入っていました。

 

例えば、
わたしは家事全般がとても苦手です。

 

でも、理想の妻・理想の母親になって、今度こそ幸せな結婚生活を送らなければいけないと思っていたわたしは、炊事・洗濯・掃除とかなり頑張っていました。

 

そしてさらには、わたしは自分の子供が夫になつくように、「本当の家族」になるために、いろいろと頑張っていました。

そしてさらに最悪なのは、再婚相手(夫)に対しても完璧を求めて、「子供にこうしてほしい、あーしてほしい」と、とにかく要望や不満をたくさん持っていました。

 

でも本当は自分がかなりキャパオーバーで、夜にお風呂でこっそり1人で涙してたんです。

管理人


「再婚して幸せなはずなのに、なんか頑張ることが多すぎて疲れた・・・」
「これならシングルで子育てしてたほうが気楽だった」

 

勝手に頑張って勝手に疲れて、勝手に限界に達してイライラがマックス。
そんなわたしはいつも不機嫌顔の可愛くない妻、優しくない母になってしまってました。

そんなわたしのそばに居る夫もいつもイライラ。
子供たちもいつもピリピリ。

再婚生活に不安しかありませんでした。

その時のことは自己紹介記事でも書いています。
>>プロフィールとこのブログであなたに伝えたいこと

どん底の不仲に陥った原因はそういう自分にもあったことに、気づくことができませんでした。

でも、気づくことが出来たら、夫婦関係がとてもうまくいきはじめました。

肩の力抜いて、家事も頑張りすぎない、完璧な「家族」「夫婦」「妻」も目指さない。
そう決めたんです。

そう決めたら、少しずつうまくいきはじめました。

わたしが1人で頑張ってイライラして不機嫌な顔していることに夫ももうウンザリしていたんだと思います。
わたしが1人で暴走している姿は子供たちにも悪影響でした。

 

そりゃそうです。
新しいお父さんが出来て環境は激変しているんだから、わたしはもっと子供たちに寄り添うべきだったんです。

そして、夫に対してもそう。
仕事して帰ってきて、不機嫌妻が待ってたら、そりゃ嫌にもなりますよね。

管理人

完璧な嫁よりも、多少家事下手でもいつも笑ってる嫁のほうがいいらしい

そのことに気づけるまで時間がかかったし、「今度こそ結婚生活うまくいかせる!」と考えていた

この時に、

「子連れ再婚の秘訣は、自分にも相手にも完璧を求めないこと」

だと、はっきりと分かりました。

ゆっくり時間をかけて「家族」になっていくことでいいんです。

 

まとめ:子連れ再婚に完璧は求めない、少しずつ家族になろう

わたしは前夫と離婚した時、スッキリした反面心細さを感じました。

これから1人で子育てすることは百も承知での離婚。

でも、自分ひとりで大きな決断をしなくてはいけない時もくるかもしれない、育児で困った時には相談に乗って一緒に悩んでくれる存在がいなくなってしまったのかと。
すごく心細く感じました。

再婚して、いろいろ思い悩んだり空回りすることもありましたが、結果的にはこの心細さが解消され一緒に悩んでくれる人ができたということはやっぱり嬉しいことでした。


完璧を求めず、ゆっくり家族になっていく。

無理はしないし、相手にも求めない。

わたしはこれからもそんな感じでやっていこうと思っています。

わたしは1人で子育てする覚悟をして離婚をしました。

でも、やはり子供の成長を一緒に喜んだり、悩み事に共感して励ましてくれたり一緒に悩んでくれる人がいるということは、幸せなことだと今は思っています。

\シンママの婚活優遇制度あり/
女性は登録無料のマッチングアプリ
▷▷婚活・恋活・再婚活マッチング【マリッシュ】会員募集/R18

管理人

あなたの再婚を応援しています!
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です